商業施設の発達した南浦和にあるマンション

生活必需品を買うにしろ、嗜好品やショッピングを楽しむにしろ、商業施設の存在は重要です。特に商業施設が発達した街であると、どのようなことをするにしても多くの恩恵を受けられることでしょう。しかし、そういった街はもちろんどこにでもあるわけではありません。特に主要都市から離れるとなるとなおさらです。南浦和はその条件に合った絶好のエリアとなりますが、そのマンションを探すときは>>こちらにある特設ページをご覧になってみてください。

どういうページかというと「レーベン南浦和」というマンションの物件情報が書かれたものとなります。そこのロケーションという項目ではいかにこのエリアが商業施設の発達した街であるかがまとめられています。たとえば、ブランドものを扱う老舗百貨店、雑貨やファッション、映画館の入った大型商業施設、複数のスクール教室、スーパーマーケット、ドラッグストアなど、なんでもござれの街ということがよくわかります。

また、子育てに関する施設も充実しています。学校や塾、公園はもちろん、さいたま市による行政サービスも魅力的です。行政サービスはヘルパー派遣、幼児教育、緊急サポート、優待カード、医療費助成金など、かなりの数が行われているので、ぜひとも利用しておきたいところです。

新宿で賃貸物件探しなら。

新宿といえば、何を連想しますか?
・ファッションの最先端
・サラリーマンの聖地
・都庁がある
・ドラマ”花より男子”のロケ地(新宿アイランドタワー前)
など、十人十色でしょう。
繁華街やデパートなども立ち並び、学校が多いことでも有名ですね。

そんな大都会新宿で賃貸物件をお探しの方におすすめしたいのが、『ミニミニ』。
年中無休で営業している新宿店は、多数の物件が取り揃えられていることが一番のポイントです。

公式ホームページ(→こちら)では、賃貸物件を路線から探すことが可能。
賃料や間取り、こだわり条件などいろいろな目的で検索してみると、きっとお気に入りの物件が見つかることでしょう。
新宿といえばやはり賃料が高いイメージがありますが、5.9万円からのものもありますので、幅広い物件を見ることができるということになります。

ちなみに、ミニミニでは”スーパー君、エース君”というシリーズがあり、お値打ちな入居費用、安心の退去システムで人気が高まっているとのことです。
敷金・礼金は0円で、退去時は鍵を返すだけという非常に便利なシステム。
もちろん、新宿の物件にも該当するものはありました!

他にもペット相談可の物件も多数取り揃えられています。
なかなかペットを飼うことができる物件は少ないので、貴重ですね。

新宿区神楽坂に誕生する丸紅の新築分譲マンションを紹介します。

都心の好立地で人気のある新宿区の分譲マンションを探すならこちらのサイトがおすすめです。販売開始からすぐに完売してしまう丸紅のグランスイートシリーズからTOKYO MID PEAKS「グランスイート神楽坂ピアース」が新宿区神楽坂に誕生します。

東京メトロ東西線「神楽坂」駅から徒歩3分、営大江戸線「牛込神楽坂」駅から徒歩5分、JR中央・総武線「飯田橋」駅かから徒歩圏にある抜群のアクセスです。新宿駅までの良好なフットワークはもちろんですが、大手町駅へ直通で8分と勤や通学に抜群の都心立地がポイントになります。

新宿区内で希少な好立地に誕生するTOKYO MID PEAKS「グランスイート神楽坂ピアース」は、豊かな生活をサポートするための設備・仕様になっています。快適性と高品質が住む人の安心と安全なマンションライフを実現してくれます。

浴室暖房&乾燥機に設置されたミストサウナ、省エネ性の高い給油システム、使用した電力やガス量を簡単に測定できるエネルックリモコン、温水式床暖房などを採用したエコ&エコロジーな分譲マンションです。

TOKYO MID PEAKS「グランスイート神楽坂ピアース」のモデルルーム見学は完全予約制ですから、希望する方は参加予約が必要です。こちらのサイトのモデルルーム来場スケジュール表を確認して事前に申し込みましょう。

敷金にまつわるトラブルと防止策

賃貸物件を借りるうえで欠かせないのが敷金の問題です。最近は敷金が要らない物件も増えてきましたが、敷金は退出時の原状回復などに大きくかかわってくるものですし、トラブルが多い事でも知られていますので、しっかりと理解しておく必要があります。

基本的に敷金とは、賃貸人に何かあった時のために貸主に預けておくお金のことです。ここでいう何かあった時というのは、賃貸人が家賃を払えなくなった時や、建物に賃貸人の責任による破損などが発生した時にそのお金から支払いをするというものです。

一般的にトラブルとして多いのが、退出時の原状回復のための費用をどちらが支払うかどうかです。原状回復義務の定義を見ると、賃貸人の責任による破損については、賃貸人に支払いの義務が発生するのですが、経年劣化による破損、摩耗といったものは貸主に修繕の義務があるわけです。

原状回復義務という名前が付いているので、借りたときの状態に戻さなくてはいけないというイメージがあるのか、借主と貸主が揉めてしまうようです。お互いが感情論になりやすいトラブルの一つなので、そういった事態を避けるためには正しい知識を身につける以外にありません。

無用なトラブルを避けるためにも、賃貸物件を借りるときは敷金についての勉強をしっかりしておいてくださいね。