新宿区神楽坂に誕生する丸紅の新築分譲マンションを紹介します。

都心の好立地で人気のある新宿区の分譲マンションを探すならこちらのサイトがおすすめです。販売開始からすぐに完売してしまう丸紅のグランスイートシリーズからTOKYO MID PEAKS「グランスイート神楽坂ピアース」が新宿区神楽坂に誕生します。

東京メトロ東西線「神楽坂」駅から徒歩3分、営大江戸線「牛込神楽坂」駅から徒歩5分、JR中央・総武線「飯田橋」駅かから徒歩圏にある抜群のアクセスです。新宿駅までの良好なフットワークはもちろんですが、大手町駅へ直通で8分と勤や通学に抜群の都心立地がポイントになります。

新宿区内で希少な好立地に誕生するTOKYO MID PEAKS「グランスイート神楽坂ピアース」は、豊かな生活をサポートするための設備・仕様になっています。快適性と高品質が住む人の安心と安全なマンションライフを実現してくれます。

浴室暖房&乾燥機に設置されたミストサウナ、省エネ性の高い給油システム、使用した電力やガス量を簡単に測定できるエネルックリモコン、温水式床暖房などを採用したエコ&エコロジーな分譲マンションです。

TOKYO MID PEAKS「グランスイート神楽坂ピアース」のモデルルーム見学は完全予約制ですから、希望する方は参加予約が必要です。こちらのサイトのモデルルーム来場スケジュール表を確認して事前に申し込みましょう。

ハイテクの街で暮らしやすく

一戸建て物件はなかなか憧れるところもあるのですが、地域に馴染めるのかという不安も多いです。高級住宅街などに背伸びして住んでみたという人が、周りの人たちとの会話に入り込めず苦労をしたという話もあります。一戸建て物件を購入するのであれば、自分と同レベルくらいの生活水準の人たちが集まっているようなところが良いですね。中流程度であるのであれば、不動産会社が宣伝している集合住宅街などが暮らしやすい環境なのではと思います。

いま注目されている集合住宅ですが、つくば学園都市というところでの一戸建てを望んでいる人が多いとの話を聞きました。つくば学園都市とは、筑波研究学園が管理しているネットワークシティです。日々研究に勤しむ若者だけでなく、観光地的に街全体が発展しているという特徴があります。つくばエキスプレスを利用して都心にも出やすいので、茨城でもっともホットな街と言っても過言ではありません。こちらに一戸建て物件を持つというのは相当なステータスではないかとお勧めします。

つくば学園都市で集合住宅を見つけたいのであればこちらを読んでください。周辺環境の良さだけでなく、住宅機能も追求されている良い一戸建て物件なので、買って後悔は無いかと思います。
レーベンプラッツつくば二の宮

地方から物件情報を詳しく調べるには?

福岡ですがここに住む事を考えますと、いろいろと物件状況が地域によっての違いの大きさがあることが分かります。福岡は九州最大の都市ではあるのですが、それだけに都会と田舎の発展度の違いも大きいですし、この違いは九州の外からす住もうと考えている人にとっては、特にとまどいを感じる部分だと思います。出来る事なら福岡に詳しいという友人などから周辺の環境などを教えてもらう事がベストなのでしょうが、そんな人を探すのも一苦労という部分もありますね。

福岡の地元の人がいないという状況でも、ベストな賃貸物件を見つける方法はあります。それは全国展開をしている賃貸会社に物件情報を教えてもらうという方法です。賃貸というと地元の不動産しか詳しくないというイメージがある人もいるでしょうが、全国展開をしている大手の場合ですと独自のネットワークで情報を共有しているものです。地方の賃貸物件を探しているという場合ですと、大手の支部に問い合わせなどをしますと物件を見つけやすいかと思います。

たとえば福岡の賃貸物件情報を探しているのでしたらこちらなどが良いかと思います。いろいろな情報が見やすくなっていますので、地方から物件を探す時にはとても参考になる会社だと思いますよ。http://minimini.fukuoka.jp/
参照→福岡の賃貸のホームページ

敷金にまつわるトラブルと防止策

賃貸物件を借りるうえで欠かせないのが敷金の問題です。最近は敷金が要らない物件も増えてきましたが、敷金は退出時の原状回復などに大きくかかわってくるものですし、トラブルが多い事でも知られていますので、しっかりと理解しておく必要があります。

基本的に敷金とは、賃貸人に何かあった時のために貸主に預けておくお金のことです。ここでいう何かあった時というのは、賃貸人が家賃を払えなくなった時や、建物に賃貸人の責任による破損などが発生した時にそのお金から支払いをするというものです。

一般的にトラブルとして多いのが、退出時の原状回復のための費用をどちらが支払うかどうかです。原状回復義務の定義を見ると、賃貸人の責任による破損については、賃貸人に支払いの義務が発生するのですが、経年劣化による破損、摩耗といったものは貸主に修繕の義務があるわけです。

原状回復義務という名前が付いているので、借りたときの状態に戻さなくてはいけないというイメージがあるのか、借主と貸主が揉めてしまうようです。お互いが感情論になりやすいトラブルの一つなので、そういった事態を避けるためには正しい知識を身につける以外にありません。

無用なトラブルを避けるためにも、賃貸物件を借りるときは敷金についての勉強をしっかりしておいてくださいね。