敷金にまつわるトラブルと防止策

賃貸物件を借りるうえで欠かせないのが敷金の問題です。最近は敷金が要らない物件も増えてきましたが、敷金は退出時の原状回復などに大きくかかわってくるものですし、トラブルが多い事でも知られていますので、しっかりと理解しておく必要があります。

基本的に敷金とは、賃貸人に何かあった時のために貸主に預けておくお金のことです。ここでいう何かあった時というのは、賃貸人が家賃を払えなくなった時や、建物に賃貸人の責任による破損などが発生した時にそのお金から支払いをするというものです。

一般的にトラブルとして多いのが、退出時の原状回復のための費用をどちらが支払うかどうかです。原状回復義務の定義を見ると、賃貸人の責任による破損については、賃貸人に支払いの義務が発生するのですが、経年劣化による破損、摩耗といったものは貸主に修繕の義務があるわけです。

原状回復義務という名前が付いているので、借りたときの状態に戻さなくてはいけないというイメージがあるのか、借主と貸主が揉めてしまうようです。お互いが感情論になりやすいトラブルの一つなので、そういった事態を避けるためには正しい知識を身につける以外にありません。

無用なトラブルを避けるためにも、賃貸物件を借りるときは敷金についての勉強をしっかりしておいてくださいね。